大阪・神戸・尼崎・西宮・伊丹・宝塚・豊中・東大阪・吹田・茨木の介護施設を紹介

Q&A

よくある質問

Q&A(よくある質問)

当センターに寄せられるご質問をまとめました。ご一読いただき、これからの参考にしてください。
下記の例以外にも、さまざまなお問い合わせを頂戴いたします。
小さな疑問や簡単なご質問でも結構です。ご不明な点や詳細な内容に興味がございましたら、
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • Q.本当に相談料や手数料などの一切の費用はかかりませんか?

    A.まったくの無料です。 当センターはご紹介先の各施設より実務手数料をいただいております。

  • Q.相談すると、必ずどこかの施設へ入居しないといけませんか?

    A.ご入居に対しての義務や強制的なことは絶対にありません。 あくまでお客様の希望に寄り添います。

  • Q.離れて暮らす家族や子供の要望も聞いていただけますか?

    A.ご家族のお考えも大切なことですので、お時間を取って、丁寧にやりとりさせていただきます。

  • Q.近隣だけでなく、県外や遠方の施設でも紹介は可能ですか?

    A.当センターの提携先がさまざまありますので、関西圏だけでなく幅広く全国対応しております。

  • Q.特別養護老人ホーム(特養)も紹介してもらえますか?

    A.社会福祉法人などが運営する公的な施設となりますので、残念ながら当センターからのご紹介はできません。

  • Q.介護老人保健施設(老健)も紹介してもらえますか?

    A.自宅復帰を目的とした短期的なリハビリ施設となりますので、当センターからのご紹介はできません。

  • Q.保証人がいない場合でも受入れ可能な施設はありますか?

    A.非常に少ないですが、受入れOKまたは相談可能な施設はございます。また任意後見を利用するやり方もございます。

  • Q.予算が厳しく、入居金0円でも入所可能な施設はありませんか?

    A.初期費用0円の施設もございます。 また施設によっては、料金の交渉が可能な場合もありますのでご相談ください。

  • Q.夫婦や親子でも同じ部屋に住むことは可能でしょうか?

    A.数は少なくなりますが、ご相談いただければ、おふたり用の部屋もご紹介させていただきます。

  • Q.見学の際は、本人や家族を含めて車で送迎してもらえますか?

    A.現地での合流を基本としていますが、お客様の事情をふまえて柔軟にサポートいたします。

トラブル事例

残念ながら様々なトラブルが日々発生しています。
ご入居後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔される前に
私たち介護施設の専門家の意見を参考にされてはいかがでしょうか。
今後の皆様の大切なお住まい探しを私たちは全力でサポートします。

1途中退去によるトラブル

原因

高齢者となると病気による長期入院を余儀なくされるケースが多くあります。
介護施設では病院と同レベルの高度医療サービスを提供することができません。
したがって、数ヶ月入院が続くと施設側として利用料が入らないため退去を迫ってくる場合があります。

注意点

施設見学の際には、退去の条件となるところを確認するようにしましょう。
途中退去の条件は「重要事項説明書」と「契約書」に記載されていますので、しっかりと説明を受け理解しておきましょう。

2入居一時金のトラブル

原因

高額な入居一時金を支払ったにも関わらず、入院などを経て医療依存度が高くなると入居後わずかであっても施設側から退去を迫ってくることがあります。
一時金の返還も微々たるものであるため、トラブルの原因となります。

注意点

一時金の償却年数や退去時にいくら戻ってくるのかあらかじめ確認しておきましょう。
こういったトラブルが多いため、近年では敷金制の導入、もしくは入居一時金を廃止しているケースも見受けられます。

3必要以上の介護によるトラブル

原因

すべて施設のスタッフが介護をおこなった方が時間も手間も省け、少人数の職員で流れ作業のように実施できます。
そうすることで施設側としては職員の人件費等も少なく済みますし、過剰なサービスで介護報酬も高くなってしまいトラブルの原因となります。

注意点

今まで入居者がご自身で出来ていたことまで施設スタッフが必要以上に介護してしまうと、ご本人の体の衰退につながってしまいます。
入居者に合った介護サービスが提供されているのかあらかじめヒアリングしておきましょう。

4パンフレットの月額費用と実際の請求額が違うことによるトラブル

原因

管理費、食費、上乗せ介護費用、介護保険の自己負担額以外にもオムツ代、その他日用品、レクリエーション参加料などetc…
上記を確認せずにパンフレットやホームページ記載内容のみで入居を決めてしまったことで生じるトラブルです。

注意点

月額費用に含まれるサービスの内容が施設によって異なることを把握しておく必要があります。
施設見学の際には何が現在表示されている費用であるのか、その他何が発生するのかを詳しく聞いておくことが重要です。

5契約内容とサービス内容が違う

原因

公表しているスタッフ数が実際にはいない。
事前に説明を受けていた入浴回数より少ない。
上記のような施設側の契約違反がおもな原因でのトラブルになります。

注意点

これは事前に聞いても明確にはできません。
紹介センターによる、施設長やスタッフ資質、経営体質等の情報の収集が重要です。
また確たる証拠があれば、弁護士を通して施設側と戦うことも覚悟しましょう。